• クイック・ワーカーとは
  • サービスから選ぶ
  • 悩みから選ぶ
  • セミナー
  • お客様の声
  • スタッフブログ

MAS監査

目標を達成し夢を実現させる財務支援サービス

「MAS」とは、マネージメント・アドバイザリー・サービスの略。私たちクイック・ワーカーでのMAS監査業務は、前提として社長1名~社員50名程度の企業で、個人事業から組織への変化が難しい…というお客様をサポートしています。具体的なサービスとしては、下記の「ボトムアップ型」と「トップダウン型」の2つを、規模や体制によって最適なかたちでご提案いたします。

こんな悩みを解消します

ページのTOPへ戻る

サービス内容のご案内

トップダウン型 MAAS監査 [個人経営または社員数数人の企業向け]
トップダウン型では、主に経営者と私たちとで数値計画を立てていきます。最初に5ヶ年計画を立て、経営者が目指しているものを共有し、最初の1年目を単年度計画に落とし込みます。毎月の訪問で予算と実績を確認。その中で数値の意味や見方などを理解していただくことが目的となります。
2年目からは季節変動や臨時支出なども見込み、具体的な計画に変わっていきます。
将来の組織運営のためにも、数値の見方を理解し、行動計画や戦略経営に役立てていただけるよう、下記のフォーマットをご用意いたします。
  • □経営理念
  • □ビジョン
  • □環境分析
  • □財務分析
  • □経営課題
  • □課題整理
  • □商品市場マトリックス
  • □マーケティング
  • □コストダウン対策
  • □アクションプラン
ボトムアップ型 MAS監査 [社員数数十人の企業向け]
経営者と幹部を中心に、月1回2時間の会議を実施。
目標としている内容を数値に落とし込み、それに向かって行動と検証を重ねていきます。
文字で表現すると当たり前のことのように見えますが、中小企業ではこうした会議の継続が難しいのが実状です。
そこで私たちが会議を企画。事前に経営者の希望をうかがった上で進行を行います。大まかな数値を決めるため、最初の6ヶ月間は行動計画を固める期間とします。
ボトムアップ型MASの流れ
1. 理念の見直し
企業理念の意味を社員全体共有できているかを検証します。
↓
2. 会社分析
目指す目標や現状の評価について、経営者と幹部の間でズレが生じていないかを見直し、その差分を議論。それぞれが持つゴールのイメージを近づけていきます。
↓
3. 収益性ロジック・ツリー
会社の収益を上げるためにはどのような方法があるのか?それぞれが考え、発表してまとめます。
↓
4. 組織風土分析
社員全員のアンケートを元に、現状の組織風土を分析。問題点を洗い出します。
↓
5. 経営課題の抽出
1~5の内容を再検証し、優先順位を決定。1年以内に行うこと・中期的に行うこと・長期的に行うことに分類します。
↓
6. 行動計画の作成
5の分析に基づき、行動計画(いつ・だれが・何を・いつまでに・いくらで)を計画し、数値に落とし込んでいきます。
業務フロー
トップダウン型
経営者がまず目標値をつくる
↓
予算と実績を検討する
↓
行動計画を固める
↓
再度目標数値をつくる
ボトムアップ型
全体または幹部の会議を通じ
行動計画を固める
↓
予算と実績を検討する
↓
目標数値をつくる
私たちのMASは、経営目標として納得していただける数値の策定と共有を目指しています。
会社の規模やこれまでの慣習などにより、
新しい取り組みには時間がかかる場合もあると思います。
しかし、経営者として最低限理解し、活用していかなければならない数値や、
将来のリスクを予防するために知るべき数値を理解していただき
会社の成長をお手伝いさせていただくことこそ、MAS業務の大切な役割なのです。
ページのTOPへ戻る

私たちにおまかせください

小林
- 小林博子
「MAS監査」スタッフとして、お客様との間の「信頼と共感」を大切に、日々の業務に取り組んでいます。ビジネスに欠かせない「ひと・もの・お金」にまつわる経営者の良き理解者であり、ビジネスの戦場における最強のパートナーであるよう常に心がけています。経営者の方が目指す会社の姿を、過去会計と未来会計を通じて、共に追求し続けることで、お客様と「価値観の共有」をさせていただけることが何よりの喜びです。
ページのTOPへ戻る

お客様の声

- 野村機器様
以前の弊社は、刻々と変わる市場環境や顧客ニーズなどの課題に、為す術がありませんでした。原因は、自己満足や創業時からの商慣習、それに伴う社員の士気低下です。弊社が「MAS監査」を採用したのは、第三者視点の継続的なチェックから、問題点を掘り起こし、成功へのヒントをつかむためでした。今後も「MAS監査」が、二人三脚で障害を乗り越えるためのベストパートナーであり続けることを願っています。
- 株式会社 バリス  代表取締役 矢萩 尚宏 様
仕事には繁忙期と停滞期の波があります。クイックワーカーさんと立案した中期経営計画があるおかげで、その谷間を解消する方法がわかりやすくなりました。経営者にとって今行うべき行動を判断しやすく、社員に対してもわかりやすい道筋を作れることで、会社全体の意識やモチベーションも向上しております。東日本大震災という不測の事態でも社内に新たなアイデアが生まれ、それが経営的に好結果を生みだしております。
ページのTOPへ戻る

料金のご案内

お申込みお問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る
サービス