• クイック・ワーカーとは
  • サービスから選ぶ
  • 悩みから選ぶ
  • セミナー
  • お客様の声
  • スタッフブログ

Blog

新聞記事
こんにちは、鈴木です。


今日は、机の中にしまっている新聞記事をご紹介したいと思います。


気が向くと気になる新聞記事などを切り抜くことがあります。
いまは、スマホで写真を撮れば良いので便利になりました。



名言 ブログ用.PNG


右側は日経新聞2013年1月12日の記事

左側は朝日新聞2007年5月21日の記事


右側の記事は、「覚えておきたい現代の名言ランキング」
戦後生まれの人物の名言を、20代から60代の男女1030名が選んだもののようです。

~座右の銘にしたいのは~

1位 「強いものが勝つのではない、勝ったものが強いのだ」
フランツ・ベッケンバウアー (元サッカー西ドイツ代表)

2位 「自分がわかっていないことがわかるということが一番賢いんです」
鷲田 清一(哲学者)


~落ち込んだとき元気になるには~

1位 「人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている」
伊集院 静(作家)

2位 「ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ」
スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)


~仕事にやる気が湧いてくるのは~

1位 「前進できぬ駒はない」
中原 誠(棋士)

2位 「仕事はナメてかかって、真面目にやれと思っている。
   俺は、どの仕事もそうしてきているんです」
テリー伊藤(演出家)


他にもいつくか紹介します


「成功の反対は、失敗ではなく、やらないことだ」
佐々木 則夫(元サッカー女子日本代表監督)

「家をきれいにする、約束を守る、お礼の手紙を書く、そういう基本をきっちり続けることが、
 自分の型の基本をつくってくれたと思っています」
笑福亭 鶴瓶(タレント)

「一人一人が自分の仕事をきちっとこなすこと。この個人プレーの連携が、
 真のチームプレーなのだ」
松尾 雄治(元ラグビー選手)


個人的に好きなのは、笑福亭鶴瓶さんの言葉です。


左側の記事は 「TVこのセリフ」というコーナー
テレビ番組から心に残った言葉を紹介するというコーナー

フジテレビで放送されていた「プロポーズ大作戦」というドラマの夏八木勲さんのセリフ

「後悔するなよ。いつも明日が来ると思ったら痛いめにあうぞ」

「明日やろうは馬鹿野郎だ」


名言 ブログ用2.PNG



何か心に刺さった名言、気になった名言はありましたでしょうか。


言葉を発した方々は、苦労し、失敗し、乗り越えるだけの努力をしたうえでの言葉だと思いますので、
読む側の私としては重みまできっちり感じ取ることはできませんが、そのときの自分自身の状況や
考え方によって心に刺さる言葉が違うのが面白いなといつも感じます。


以上です。
読んでいただきありがとうございました。


投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
最近食べたものを載せるブログ
こんにちは、鈴木です。



ブログのネタが尽きてしまいました。



最近は仕事や研修等で外出することが多いので、そのときに食べた昼ごはんや
最近食べた(飲んだ)ものをご紹介します。



店の名前を覚えていないので、場所だけ記載します!



①立川で食べた「まかない丼」

まかない丼.JPG





②立川で食べた「本日のお魚定食」


のどぐろ姫川.JPG




③日本橋で食べた「鮭といくらの・・・」※この先のメニュー名忘れました。

北海道厚岸.JPG





④吉祥寺で食べた「銀ダラの西京焼き」

里の宿.JPG





⑤酒屋さんでおすすめしていただいたワイン

ワイン.PNG




⑥お客様からいただいたうなぎ

うなぎ.JPG




⑦いただいた「あけがらし」と家族が旅行に行った際、養鶏場で購入したの軍鶏の卵
 「あけがらし」とってもおいしいですよ!気になる方は検索ください!

あけがらし.JPG




⑧たまには料理もします。祖母から送られてきたグリーンピースとシラスと大葉のチャーハン

チャーハン.JPG



みなさんは私のようになんのブログネタも仕入れられない生活ではなく、たのしい夏休みを過ごしてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


弊社代表の富山さつきも頻繁にブログを更新しております。 

日々のできごとやちょっとした税務情報など様々な話題を綴っております。 

是非是非ご覧ください! 

敏腕税理士富山さつきのブログは>>>こちら


投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
登山
こんにちは、鈴木です。


半年ぶりに登山チームが活動再開しました!



今回の目的地は、「谷川岳」です。



途中までロープウェイで上がれるというお手軽登山なのに、
日本百名山に数えられる景色の良い山。


朝4時に出発、群馬県まで車を走らせます。



いい天気だなーなんて話しながら山に着くと、雨が降っている。。
ちょっと下れば快晴なのに。。しかも寒い。。



谷川岳1.JPG



この残雪、雨、寒さ。 完全に失敗してしまった我らが登山チーム。



谷川岳2.JPG



写真だと分かりづらいですが、
滑ったら果てしなく下まで転がって大怪我で済めばラッキーという感じの斜面。。



ただし、こんなこともあろうかと



谷川岳3.JPG




足には滑らないやつ(軽アイゼンと呼ぶそうです)を装着しました!!



谷川岳4.JPGのサムネイル画像





谷川岳5.JPG




登山してるっぽい写真を無理やり撮影してもらいました。




結局、1時間ほど歩いた後、髙木リーダーの号令により撤退することにしました。




寒いし、危険だし、頂上に着いたとしても景色が見えないなら意味ないので、
良い判断だったかなと思います。勇気ある撤退。さすが我らがリーダー。



水上温泉で日ごろの疲れを癒し、帰宅することにしました。



せっかく良いブログ記事になると思ったのに残念。。



本来ならこんなに良い景色のようです



谷川岳.PNG




次回はこの景色をブログにアップできるよう再チャレンジします!!



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


弊社代表の富山さつきも頻繁にブログを更新しております。 

日々のできごとやちょっとした税務情報など様々な話題を綴っております。 

是非是非ご覧ください! 

敏腕税理士富山さつきのブログは>>>こちら




投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
みどりの窓口
こんにちは、鈴木です。


来週は岐阜に出張に伺わせていただきます。


そこで、切符を買いにいこうと思うのですが、みどりの窓口に行くたびに思い出すのが、
立川志の輔さんの落語です。



窓口.PNG



私はひそかに「立川志の輔さんの落語を見に行く」ことを今年の目標にしています。
皆さんは志の輔さんの落語を聞いたことがありますでしょうか。


私は高校生の時に、父がレンタルショップから借りた
「志の輔らくごのごらく」というCDに出会いました。


それまでは、落語というと難しく、とっつきづらいという印象を抱いていました。
しかし、CDの「みどりの窓口」という落語を聞いたときに大きく印象が変わりました。


志の輔さんの「みどりの窓口」という落語は、
みどりの窓口で並ぶお客さんの身勝手さを面白おかしく描いた落語です。


聞きやすくて、分かり易くて面白い。聞いていると人の顔が浮かんでくるようです。
分かり易く、面白く話せる人っていいなーと憧れた記憶があります。


いまでも、車を運転していて、長時間の渋滞で動かないときなど、
時間を持て余すときには志の輔さんの落語を聞くことが多いです。


笑いや食べ物などは個人の好みに左右されると思いますが、
もし興味がある方は是非聞いてみてください!
話し方の勉強にもなるかもしれません!

ちなみに、志の輔さんはチケットの取れない落語家として
有名だそうです。
だれか、チケットの上手な取り方教えてください。。



投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
冬の休日
こんにちは、鈴木です。


・寒くて暖かい布団から出られない毎日が続いています。

・私は本を読むのが好きです。

・私は寝るのが好きです。


上記の3つを足し算すると、
「布団でひたすら本を読みつつ、気づいたら寝て、また起きたら本を読み気づいたら1日が終わる」


という休日が完成してしまいます。


先週の休日はまさにこの通りのダメな1日を過ごしてしまいました。
ごはんも食べず、本を読み昼寝をし、気づいたら夜になっていました。


そんな日々で読んだ本を今回のブログではご紹介したいと思います。
これは以前から何度も何度も読んでいる本です。


ビジョナリーカンパニー.JPG



「ビジョナリーカンパニー 時代を超える生存の法則」
ジェームズ・C・コリンズ/ジュリー・I・ボラス 山岡洋一訳


という本です。有名な本なので読んだことある方もいらっしゃると思います。


どういう本かというと、
「永続的に際立った存在でありつづける素晴らしい企業にどういった特徴があるのか」
というのを調べてまとめた本です。


そのなかで多くのページを割いているのは、
「基本理念がいかに大切か」ということです。


基本理念を維持し、進歩を促すという書き方をされていますが、
理念だけではビジョナリーカンパニーは生まれないそうです。


理念がどれほど素晴らしく、大切にされていても同じところにとどまったまま
変化しなければ世界から取り残されてしまう。


むしろ、変化の一歩先をいき、基本理念以外組織全てを変える覚悟が必要であり、
理念に何が書かれているかということではなく、会社組織全体が理念をどれだけ
追求できているかということが大切だということが書かれています。


我々クイック・ワーカーと弓家田・富山事務所は「安心をあたえる事務所」
という理念のもと、日々仕事に取り組ませていただいております。


至らない点もありますが、
これからもグループ全員で理念を追求していく会社でありたいと思っておりますので、
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


また、経営理念や会社の今後のことをじっくり考えたいと思う経営者の皆様は、
是非弊社の「将軍の日」へお越しください!!



この本のはじめには、
「この世のすべての経営者、経営幹部、起業家は、本書を読むべきである」
と自信をもって書かれています。


長い年月をかけ膨大なデータを検証し、本にまとめるというのはとてつもなく大変なのだろうと思います。
我々は調べずとも、他人が人生をかけた取り組みの結果を本という形で知ることができます。


作者の方や、本という存在に感謝しなければと読んだ後にはいつも感じます。


読んだことがない方は、分厚い本ですが是非読んでみてください!


以上です。ありがとうございました。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


弊社代表の富山さつきも頻繁にブログを更新しております。 

日々のできごとやちょっとした税務情報など様々な話題を綴っております。 

是非是非ご覧ください! 

敏腕税理士富山さつきのブログは>>>こちら







投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
欠かせないもの
こんにちは、鈴木です。


今回は、私の生活に欠かせないものをご紹介したいと思います。


さて、これは何でしょう??



衣類乾燥除湿機.JPG






































正解は・・・




「衣類乾燥除湿機」です!!



仕事をしながら一人暮らしをしていると、朝に洗濯機をかけて
外に干すところまでは滞りなく進むのですが、家に帰る頃には夜になってしまい
せっかく干した洗濯物が湿っていたり、洗濯物が急な雨に濡れてしまい非常に困っていました。


そこで、この衣類乾燥除湿機を購入しました。


朝に洗濯機をかけ、洗面所の突っ張り棒に干し
衣類乾燥除湿機のスイッチを入れて仕事に出発!


仕事を終えて帰ってくるとしっかり乾いた洗濯物を取り込めるという一日の流れができました。
暖かい風があたり、除湿も行うため、すぐに乾きます。部屋干し臭さも生じません。


ポイントは、「毎日洗濯して干すこと」です。
たまってしまうと乾燥機の風が届かない量になってしまうためです。


天気の影響で洗濯物がたまるということは起こらないので
毎日洗濯することを心がけています。


仕事も勉強も食器も洗濯物も、何事も後回しにしてはいけないことが良く分かりました。


それにしても、一人分であれば簡単ですが、
家族全員分の食事や弁当を作り、食器を洗い、洗濯をしてから
仕事に励む方々は本当に凄いことをしているんだなぁーと一人暮らしをはじめて実感しました。


クイック・ワーカーでは引き続き、家事子育てと仕事を両立できる職場作りに取り組んでいきます!


以上です。ありがとうございました!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


弊社代表の富山さつきも頻繁にブログを更新しております。 

日々のできごとやちょっとした税務情報など様々な話題を綴っております。 

是非是非ご覧ください! 

敏腕税理士富山さつきのブログは>>>こちら

投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
ご来光バス
こんにちは、鈴木です。

週末を利用し、母親を連れて「乗鞍岳ご来光バス」に乗ってきました!

乗鞍岳という山をみなさんはご存知でしょうか?
3,026メートル 日本で19番目に高い山です。

このようなデータを示すと、とても大変な山に感じるでしょうが、
実は2,700メートルまではバスで行けるのです!!

したがって、山道そのものは高尾山より楽です。
Tシャツにジーパン、スニーカーで歩く人までいます。
トイレもとっても綺麗です。虫もいません。
涼しい(というか寒い)です。

バス停から頂上まで1時間30分で登れます。
しかし、頂上までいかずとも素晴らしい景色が待ち受けています。

9月19日までは、早朝にご来光バスが運行されています。

ということで早朝4時10分の期間限定ご来光バスに乗るために、
立川から車で4時間ほどかけて駐車場に到着。

200台ほどある駐車場が朝の3時30分には満車に近い状態になっていました。
しかし、バスは予約不要です。人数に合わせてバスの台数が増えます。

※なぜバスに乗る必要があるかというと、観光センター駐車場から先は
環境保護のため指定された低公害バスしか走れないからです。

ただ、バスに乗る際に、おじさんから非情な一言が。
「本日濃霧で20メートル先も見えません。たぶんご来光は無理でしょう。
それでも乗りたいかたはどうぞ」

残念だなーと思いましたが、奇跡を期待しバスに乗車することに。

バスを40分ほど走らせると、バスガイドの方が
「ここは終点ではありませんが、上に行かず、ここで降りればもしかしたら見えるかもしれません。
責任取れませんが、かけてみる方はどうぞ。」

この言葉を信じ、少ない可能性にかけた人間は我々含め10名ほど。
このまま見えなかったら訳分からないところで降りてしまったので
バスの終点まで30分以上歩かなければならないと覚悟を決めて
待つこと20分。

乗鞍1.JPG























頂上付近は完全にガスに覆われてしまいました。
上に行った方は完全に何も見えないでしょう。


我々もあきらめておにぎりを食べようとしたそのとき、


乗鞍2.JPG























ムムッ!?このあたりだけ視界が急に開けてきた!
そして


乗鞍3.JPG



奇跡のご来光!!写真でも素晴らしいですが、肉眼で見ると倍以上素晴らしいです!!
地元のバスガイドさんって凄いですね!!そして人の言うことは素直に聞くことは大切ですね。


ご来光を見た後、登山開始!!
素晴らしい景色です。


乗鞍4.JPG





































しかし、30分ほど歩いたところで母が高山病でダウン。
引き返すことになりました。

それでも、登らずとも本当に素晴らしい景色。
全く登らなくてもバス停付近から見える景色を写真におさめましたので
ご覧ください。


乗鞍5.JPG


雲海です。ここにいるだけで立派な人間になった気分になれます。


ここから下2枚の写真はブログの大きさだと良さが伝わらないので
よろしければ写真をクリックしていただき、大きいサイズでどうぞ!

乗鞍6.JPG















乗鞍7.JPG


いままで登った山でも1、2を争う素晴らしい景色でした。
母も睡眠不足で体調不良になったことを悔しがっていましたが
とても良い経験ができたと喜んでくれました。

登っていなくてもこの写真の景色を満喫できますので、体力のない方も是非。
体調が悪くなければ山頂にも気軽に登れますよ!

ただ、睡眠不足など重なると高山病になってしまうのでご注意ください!

以上になります。ありがとうございました。


--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


弊社代表の富山さつきも頻繁にブログを更新しております。 

日々のできごとやちょっとした税務情報など様々な話題を綴っております。 

是非是非ご覧ください! 

敏腕税理士富山さつきのブログは>>>こちら

投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
一人暮らしはじめました

こんにちは、鈴木です。


先日引越しをしまして一人暮らしをはじめました。

会社まで歩いて5分弱、通勤がさらに楽になりました。


リビング.JPG


小林さんにアドバイスをいただき、良い感じのリビングが完成しました!

本当にありがとうございました。

インテリアコーディネーターを兼業したほうが良いのでは?

というくらい的確なアドバイスと脅威の値切り術。

皆さん、引越しの際は、小林さんに協力をお願いしましょう!


いままで自分が如何に家事を行っていなかったかを実感し、

情けなく思いながら、また、両親に感謝しながら生活しています。


2ヶ月で掃除、料理など家事の基本をマスターするのが

帰宅後の短期的な目標です。


本.JPG


本を買って、食品の扱い方、掃除の仕方、家事の基本を勉強中です!

何でも本を読んで勉強しないと気がすまないので、本を買いすぎました。


はやくも会社の皆からは「やりすぎだ」という意見をいただいていますが、

途中で飽きてしまったとしても、やる気のあるうちだけでも

一生懸命勉強することで役立つだろうと思い取り組んでいます!



台所.JPG


台所まわりはクエン酸と重曹を駆使することでピカピカになるそうです。

思い立ってクエン酸と重曹を購入したものの、まだ引っ越して2週間のため

全く汚れていませんでした。


肉.JPG


肉の冷凍保存も練習しました。しかし、翌日食べてしまったので

冷凍の意味なし。


料理.JPG


サラダも作ってみました。鶏肉は塩麹につけて調理するという技術を

使っています。


皆さんから心配いただいたり、お祝いをいただいたり本当に感謝です。

感謝の気持ちをもって、家事を学んで皆を招待したいなーと思っています!


--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


弊社代表の富山さつきも頻繁にブログを更新しております。 

日々のできごとやちょっとした税務情報など様々な話題を綴っております。 

是非是非ご覧ください! 

敏腕税理士富山さつきのブログは>>>こちら


投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
ベランダ
こんにちは、鈴木です。


今回は、我が家のベランダから見える景色をご紹介したいと思います。


こちらがベランダから下を見た景色です。



IMG_0864.JPG



河川敷には人がたくさん集まります。

集まった方々が何を見てるのか。正解はベランダから真正面を見るとわかります。



正解は・・







富士山1.JPG


富士山2.JPG



富士山でした!

しかもこれは「ダイヤモンド富士」というものです!
富士山の山頂と太陽が重なる現象のことだそうです!


このダイヤモンド富士の写真を撮るためにたくさんの人が河川敷に押し寄せます。


しかも、この写真は1月2日の写真です!
毎年、年明けにダイヤモンド富士を見ることができる素晴らしいベランダなのです!


我ながら良い写真が撮影できたと満足したので、ブログに掲載させていただきました。


これで終わろうかと思いましたが、熊本県に帰省したので、
その風景をいくつか載せようと思います。

飛行機.JPG


飛行機の翼と夕日と富士山


阿蘇.JPG

阿蘇の風景


八千代座1.JPG


八千代座 昨年は市川猿之助さんの公演もあったそうです。
舞台裏まで見学できました。


八千代座2 (1).JPG


屋根がとてもきれいです。

以上、おまけ写真コーナーでした。


読んでいただきありがとうございました。






*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


弊社代表の富山さつきも頻繁にブログを更新しております。 

日々のできごとやちょっとした税務情報など様々な話題を綴っております。 

是非是非ご覧ください! 

敏腕税理士富山さつきのブログは>>>こちら

 



投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
マネーボール

こんにちは!鈴木です。

 

今回は2つの本をご紹介したいとおもいます。

 

マネーボール.bmp

 

データ革命.jpg

 

 


「マネーボール」は野球に関する本

「サッカーデータ革命」はサッカーに関する本

 

共通するのは、スポーツのさまざまな状況を数値化してデータ分析するという点です。

(内容の理解が間違っていたら申し訳ありません)

 

「マネーボール」は資金不足で低迷していたオークランドアスレチックスという

球団のゼネラルマネージャーが統計データを駆使して選手を獲得し、

データを重視したチームマネジメントを行い、チームを強豪へと変えるという内容です。

(映画化もされています)

 

有名な選手、人気の選手を高いお金を払って獲得するのではなく、

「あまり評価されていないが、本当に勝利に貢献している選手は誰か」

という観点からデータを用いて分析し、安いお金で有能な選手を獲得していきます。

 

世間からダメな選手と思われていても、

データを分析してみると実はとても優秀な選手だった。なんてことがあるみたいです。

勘や経験値だけでなく、しっかりとデータで評価してみることがいかに重要かということを考えさせられる作品です。

 

「サッカーデータ革命」は、統計学を用いてサッカー、そして、チームマネジメントを分析するという内容の本です。

 

サッカーでよく出てくる説として「2対0で勝っている状況が一番危険だ」という説があります。

2対0の状況だと、油断から守備が緩くなり、失点しやすい。

1点追いつかれて2対1の状況になると守る側には焦りが生まれてプレーが雑になる一方、

攻める側は勢いがつく。最終的には逆転されて2対3で負けてしまうという内容です。

 

0対0や1対0の状況のほうが緊張感が生まれ、勝利の確率は高まるという意味なのでしょう。

 

私もサッカーを観戦していると何度も聞いたことがありますし、

実際にプレーしているときに2対0から逆転負けになったこともあったり、

0対2から逆転した経験があります。

しかし、たくさんの試合を統計的に分析してみると、この説は全くの思い込みなのだそうです。

 

野球に比べデータを取りづらいと言われていたサッカーですが、

最近では技術の進歩によって、誰がフィールド上のどこを何キロ走ったか。

時速何キロで走ったかなどたくさんのデータが取れるようになってきて

データを戦術に活かすのが当たり前になってきました。

 

どちらの本でも大切にしていることは、

「数値化してみることはいかに大切か」ということと、

「ただ、数値化するだけではなく、どのように分析して仮説を立てて活かしていくのか」

ということだと思います。

 

これは企業経営にも同じことが言えるのだと思います。

「数値なんて言われても分からないよ」

「計画なんて立てても意味がないよ」

ということを仰る経営者の方もいらっしゃいます。

 

しかし、数値化しづらいスポーツですらデータを参考にしながら

仮説(戦略)を立てて試合に臨んでいるのですから、

損益計算書や貸借対照表という数値が出せる企業経営であれば、

数値や計画は必ず役立つはずです。

 

経験や感覚もとても大切な要素ですが、さらに数値を加えてみることも大切かなと思います。

 

数値に真剣に向き合って、数値から仮説を立てて行動していく、

PDCAサイクルが企業に根付いていくようなサポートを今後もしていきたいなと

スポーツに関する2冊の本を読んで感じました。

投稿者 quickworker 02:25 PM | comment(0)
ページのTOPへ戻る
1 | 2 | 3   
ページのTOPへ戻る

月別記事一覧

最新投稿のコメント

これまでの記事一覧を見る
サービス