• クイック・ワーカーとは
  • サービスから選ぶ
  • 悩みから選ぶ
  • セミナー
  • お客様の声
  • スタッフブログ

Blog

年間目標を更新している小林です。

大型連休に突入した途中ですが、皆さんどんな連休をお過ごしですか?

暦どおりのお休みですので週末は、普段後回しにしていることを整理しはじめることにしました...が、何故だか録画をしてあったディズニー映画『モアナと伝説の海』を見入ってしまいました。

あっという間に時間が過ぎ、終わったときにはなんとなく心が元気になった気がしました。

「生き方の模索」

「可愛い子には旅をさせろ」

「夢をあきらめるな」というメッセージを感じた作品だったからだと思います。

映像や色使いなどとてもきれいで元気が出ます。

何気なく見入ってしまったのですが、心を揺さぶられた中にもホッとする時間を過ごせ、

なぜか充実した気持ちになりました。

まだの方は、是非とも一度ご覧になって見てください。

あらすじを抜粋して掲載させていただきましたのでご参考にしてみて下さい。


(モアナと伝説の海 あらすじ)

海に浮かぶ小さな島に住むモトゥヌイ族は、周辺の海で魚を獲り、作物を育て平和に暮らしていました。首長の娘モアナは、幼女の頃海辺でテフィティのハートを見つけます。それを見た祖母は、モアナが海に選ばれた人間だと悟り、彼女が成長するまで大事に持っておくのでした。年月は流れ、モアナの住む島に、魔物テカの魔の手が忍び寄ります。魚は獲れなくなり、作物にも被害が出始めます。航海を夢見るモアナは、遠くの海に出て魚を獲ることを父親に伝えますが、過去に海で仲間を亡くした首長は反対します。

モアナ1.jpeg


モアナの祖母は、死の間際、モアナにテフィティのハートを託し、航海に出てマウイを探し出し、ハートをテフィティに返すように伝えます。大好きな祖母のため、島の住民を救うため、モアナは航海に出るのです。荒れ狂う嵐の中、波に飲まれたモアナが行き着いたのは、マウイの住む島でした。モアナは、テフィティにハートを返すという願いをマウイに訴えますが、テカが危険すぎると相手にしないマウイ。テカとの戦いで、海の底に沈んだ魔法の鉤針を取り戻すため、モアナの船を奪って立ち去ります。海に守られているモアナは、波に乗ってすぐに追いつき、マウイは渋々ながらモアナに同意します。

 マウイの鉤針は、キラキラ輝く物が大好きな巨大蟹「タマトア」が所持していました。モアナは、輝く石をテフィティのハートだと思い込ませて、タマトアの気を引きます。その間に、マウイは無事に鉤針を取り返すのです。半神マウイにとって、鉤針は武器というだけではなく、自身の姿を思い通りに変える力を持ちます。全てが整ったマウイとモアナは、テフィティのもとに向かいますが、テカが立ちはだかります。マウイの忠告を無視して、テカをすり抜けようとするモアナ。テカの強力な打撃で、マウイの鉤針はヒビ割れてしまいます。忠告を無視され、鉤針も壊れたマウイは、モアナのもとを去ります。

モアナ2.jpeg


自分の無力さを自覚し、ハートを海に返すモアナ。亡くなった祖母の精が、励まし力づけます。自分の運命を心から受け入れたモアナは、もう一度テフィティのもとに向かうのです。テカに襲われる寸前、マウイが戻って来てモアナを助けます。なんとかテカから逃れ、テフィティのいる島に向かいますが、テフィティはいませんでした。全てを悟ったモアナは、テカに向かってハートを捧げます。テカは、ハートを失ったテフィティだったのです。ハートを取り戻したテフィティは、怒りを鎮め本来の姿に戻りました。非礼を詫びるマウイを許し、鉤針を元通りに直してマウイに返します。マウイと別れたモアナは島に戻り、平和になった海で島の住民と共に航海に繰り出すのでした。


モアナ3.jpeg


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


弊社代表の富山さつきも頻繁にブログを更新しております。 

日々のできごとやちょっとした税務情報など様々な話題を綴っております。 

是非是非ご覧ください! 

敏腕税理士富山さつきのブログは>>>こちら

投稿者 quickworker 10:18 AM | comment(0)
comment
名前


Eメールアドレス


コメント


ページのTOPへ戻る

月別記事一覧

最新投稿のコメント

これまでの記事一覧を見る
サービス